大人ニキビができる本当の原因

 

大人になってからのニキビはしつこく同じ場所に

 

できてしまって、治すのにも時間がかかっています。

 

大人ニキビは肌の皮脂が多いのではなく

 

水分不足になっていて、乾燥が原因になっている

 

場合が多いのです。

 

.化粧品メーカーの分析結果

ある化粧品メーカーが20代から30代女性のニキビの画像解析の調査を行いました。

 

そこで、意外なことに部分的に乾燥しているフェイスラインにニキビが多く見られ、ニキビのある人とない人との油分の差はなく、

 

逆に肌の水分量が大きく関係しているという結果が出ています。

 

また、ニキビがたくさんある人ほど、ニキビができている部分と出来ていない部分の肌の水分量の差が大きく、

 

ニキビがない人は顔全体の水分量が安定している傾向が見られたのです。

 

.乾燥とターンオーバー

肌が乾燥して肌の水分量が少なくなってしまうと肌のターンオーバーが乱れてしまって、古い角質が肌に残ってはがれ落ちにくくなります。

 

これが毛穴に詰まってしまうとニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖しやすくなります。

 

つまり、乾燥による肌コンディションの低下がターンオーバーの乱れを招いてしまって、ニキビができてしまうというメカニズムです。

 

大人ニキビの対処法

乾燥しやすい部分に大人ニキビができてしまいますから、まずは肌を乾燥させないようにしっかりと保湿するのが有効です。

 

水分不足にならないようにたっぷりと化粧水で水分を補給して、潤いを逃さないようなスキンケアを心がけましょう。

 

また、古い角質は毛穴詰まりを起こすだけでなく化粧品の浸透も悪くなるので、適度なペースでのピーリングで取り除くのが良いでしょう。

 

毛穴の奥の汚れをしっかり落とせる毛穴クレンジングも効果的です。

 

こちらに角質ケアをしながら毛穴を清潔にしてくれるクレンジング料をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

毛穴クレンジング人気ランキング