更年期と大人ニキビ活性化

若い頃のニキビは、青春のシンボルなどと言われて、笑い話で済ませてもらえます。

 

しかし大人になってからのニキビは明らかに、周囲の反応も違ってきます。

 

見た目にも汚く見えますし、顔全体もくすんで見えてしまうからです。

 

こうした大人ニキビには更年期前と更年期中の女性に多く見られます。

 

なぜかと言うとそれは、エストロゲンに原因があるのです。

 

エストロゲンとは?

エストロゲンは即ち女性ホルモンのことを指します。

 

このエストロゲンは皮膚のうるおいや艶などを促進しますし、髪の毛の豊かさやコシなどに強く作用します。

 

女性らしさの象徴とも言うべきものなのです。

 

しかし閉経前の40代から閉経後の年代にエストロゲンは減少しますので、自然と皮膚の新陳代謝も鈍くなるのです。

 

こうした原因で、ニキビも増え始めます。エストロゲンが減少することで自律神経も影響を受けますので、不安定な精神状態になります。

 

皮膚そのものの、再生力が弱まるプラス精神面から突き崩されて、瞬く間にニキビが顔を覆うことになるのです。

 

更年期の時期をうまくやりこなす

しかし安心してください。

 

自律神経を安定させて、肌に良いとされるサプリメントや飲み物を摂取することで、ニキビは軽減されていきます。

 

誰しも通る更年期の時期をうまくやりこなせば、その後は精神も安定しますし、エストロゲンを補うための知恵もついてきます。

 

生成するのが難しければ、マッサージやサプリや食物から上手に肌にに良いものを取り入れるのです。

 

こうして、ニキビから解放された人は数多くいます。

 

まずは諦めずに、創意工夫することです。