ニキビ跡を治す方法

ニキビ跡を治すには皮膚の新陳代謝を高めてあげる必要があります。

 

ニキビ跡は炎症による刺激から皮膚を守るために、メラニン色素を作り出した為に出来るものです。

 

また肌がへこんでクレーターのようになってしまうのは、肌の奥にまでダメージが広がったためです。

 

新陳代謝を高めて新しい皮膚ができてくるとダメージを受けた部分が自然と剥がれ落ちていき、

 

新しい皮膚に生まれ変わるのでニキビ跡がきれいになっていきます。

 

新陳代謝を促すためには

まずは十分な睡眠をとる事が大切です。

 

睡眠中には成長ホルモンといって皮膚を生まれ変わらせてくれるホルモンが分泌されます。

 

特に午後10時〜午前2時までには成長ホルモンの分泌が盛んになるので、この時間帯になるべく眠るように心がける事が大切です。

 

また食生活によっても新陳代謝をあげることができます。良質なたんぱく質やビタミンA、B群、C、E、亜鉛などをバランスよく摂るようにしましょう。

 

ビタミンC誘導体で効果的に

化粧品ではビタミンC誘導体が含まれている物が効果的です。

 

ビタミンC誘導体は新陳代謝を高めると共に皮脂の分泌を抑えたり抗炎症作用がある他、毛穴を小さくする効果もあるので、

 

ニキビ跡を改善するだけではなくニキビが出来るのを防いでくれます。

 

また年齢を重ねると新陳代謝が悪くなるのでニキビ跡も治りにくくなります。

 

プラセンタなどの成長因子が含まれたサプリや化粧品を利用するのも良いでしょう。

 

古い角質を取る事ができるピーリングも新陳代謝を高めるのに効果があります。

 

古い角質が取れると新しい皮膚が出来やすくなると共に、毛穴が詰まりにくくなるのでニキビ予防にもなります。