ニキビは運動で解消する?

ニキビは有酸素運動で治せる

ニキビといえば、ベタベタの汗をかくのが厳禁、という印象があります。

 

なるべく無駄な汗をかかずに肌をきれいにしていれば、絶対にニキビなどできないと思っていませんか?

 

しかしそれはノーと言わざるを得ません。

 

ニキビには適度な有酸素運動が必須です。

 

汗をかくことで、体内の不潔な老廃物が汗と一緒に出てくるので、この汚い汗を絞り出せば、ニキビになりにくい体になれます。

 

また普段から、運動している人は弱酸性の清潔な汗をかいているので、新陳代謝が活発なため、肌に保湿力が高まりニキビになりにくい状態になっています。

 

運動を始めた当初はべたつく汚い汗をかいて、老廃物を出し運動に慣れてくると弱酸性の綺麗な汗で、毛穴を開きやすくして保湿力を高めるのです。

 

汗はとにかくかくことが大切です。

 

汗をかいたら洗浄しないと意味がない!

しかし、汗をかいたら綺麗に洗浄しないと全く意味がありません。

 

そのまままにしておくと雑菌が顔や体に繁殖しますから、返ってニキビが出来やすくなります。

 

汗をかいたら、すぐにお風呂に入るなり、濡れたタオルで顔や体を拭うなどして汗を肌に残さないように気をつけてください。

 

汗をかける体作りを使用

中には基礎代謝が落ちていて、汗をかきにくい体質の人がいます。

 

これは非常に危険なことです。ニキビよりも深刻な病気になる可能性も否めません。

 

常に体の新陳代謝を促せるように、日頃から運動や食事に注意することで、汗をかけるような状態に持っていきましょう。