ニキビケアとビタミンCの関係

ニキビケアに効くビタミンC 

昨今のニキビケア商品には、たくさんの名目をうたったものが多くあります。

 

アクネ菌を倒す、角質のピーリングなどがその多くです。

 

ですが、アクネ菌を倒す薬を塗る前に、ピーリングが必要なのかもと思う前に、まずはビタミンCを含む化粧品を試してみてください。

 

ビタミンCは現在の高価な美白化粧品が登場する前に、安全で効果のあるビタミンとして以前から使用されていました。

 

その為ビタミンCと言えば美白作用を思い出しがちですが、皮脂抑制成分も持つのでニキビケアにも十分効果的です。

 

お肌に使用する際に、高濃度のビタミンCを使うと直後にツッパリ感を感じるほどです。

 

この皮脂抑制成分が毛穴から分泌される皮脂を抑えることで、ニキビになりにくい状態を保ちます。

 

安全性も確認されているので、お肌に合えば5%ほどの濃度のものを日常的に使用できます。

 

ポイントはビタミンC化粧水を最初に塗った後に、保湿作用のある化粧水を塗ることです。

 

こうするとビタミンC効果のツッパリ感を解消することが出来ます。

 

ニキビケアだけじゃないビタミンCの効果

ビタミンCの美白効果、皮脂抑制効果のほかに、もう一つうれしい作用があります。

 

それシワ予防効果です。ビタミンCにはコラーゲンの生成を促す効果があるので、シワが出来る原因のコラーゲンの減少を抑えます。

 

もう出来てしまったシワにも効果があります。

 

ニキビケア、美白効果、シワ対策と多方面に効果の期待できるビタミンCを、使わずにいる方法はないはずです。